“相次ぐ爆発事故”のハンファに1200万円の過料

“相次ぐ爆発事故”ハンファ大田工場82件法違反。1億2千万の過料

静電気防止対策が不十分など摘発。”原因究明され対策用意されるまで作業中止”

相次ぐ爆発事故で労働者8人が死亡したハンファ大田事業所が静電気管理ができないなどの安全関連法を大量に違反したことが分かった。

大田地方雇用労働庁が先月18日から今月15日まで、ハンファ大田事業所を特別監督し、産業安全保健法違反事項82件を摘発したと29日明らかにした。

特に、爆発したエンジンに静電気など電気が流れた際、安全なところに流れるようにする”接地設備”がなかったと把握された。

エンジンは、産業安全保健法上の危険物、銃砲薬類管理法上の火薬類に分離され、摩擦・衝撃・静電気などを徹底的に管理するように規定されている。

警察はエンジンの摩擦や衝撃だけでなく、静電気も事故原因である可能性を排除していない。

現在原因を明らかにするための警察と労働庁などの合同実験が進められている。

82伴のうち墜落や倒壊の危険がある施設を放置したり、圧力容器検査をしないなど安全関連された事項が39件が最も多かった。

作業者安全保健教育不十分など管理部分が19件、作業環境測定有害因子漏れと労働者に対する特殊健康検診一部未実施など保健関連分野では24件摘発された。

このうち事案が重い53件については検察に送致する方針だ。

また、1億2605万ウォンの過料を賦課する計画だ。

この他、産業安全保健法関連事項208件を是正勧告した。使用中止も1件出した。

全面作業中止措置はそのまま継続されることになった。

労働庁の関係者は「事故原因が明確に解明されて原因に対する対策とそれに伴う設備が用意されるまで、作業中止措置を取る」と話した。

火薬や爆薬などを取り扱うハンファ大田工場では昨年5月29日にロケット推進の容器に固体燃料を充電していたところ爆発とともに火災が起こり、5人が死亡し、4人がけがをしたのに続き、今年2月にも爆発事故が発生し、20〜30代の青年3人が死亡した。

聯合ニュース
ttps://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=001&aid=0010728509


今年2月に爆発事故を起こしたハンファに調査が入り、いろいろな法律違反が判明したというニュース。
韓国、ハンファ大田工場で爆発事故

この会社はまともに法律を守るという考えや社員の安全を守るという考えが存在していないのではないかと疑われるレベルです…

ハンファは、火薬・化学素材・太陽光・防衛関係などを事業としているグループになります。

 

残念ながら、日本にも進出しています

ハンファHP
ハンファQセルズジャパン

こういう問題を起こしてくださっています。
参考 【太陽光問題】韓国財閥大手「ハンファ」関係者から関東経済産業局がヒアリング 静岡・伊東のメガソーラー建設で産経新聞

韓国では太陽光発電施設のESS火災が続発しており、「原因がわからない!」という扱いなので、ハンファにメガソーラーを建設させるなんて山火事を発生させる許可をしたも同然だと思いますけどね(苦笑)

弁護士を集めて対策を練って、メガソーラー建設を強行したいみたいですが….

 

こちらは建設反対派の方のHPです。
参考 TOP Page伊東メガソーラー建設の中止を求める会 ネット上でも反対の声を広めていただけると…

山の斜面にソーラーパネルを設置すると崖崩れリスクが激増するのでやめてもらいたいものです。平地にでも設置してもらえると良いかと。


大規模な太陽光発電など反対!という方は、文在寅バナーのクリックをお願いします!

コメントを残す