ルノーサムスン、グループ内の所属地域変更

ルノーサムスン自動車、ルノーグループ内の所属地域の本部変更

4月からアフリカ-中東-インド-太平洋所属に

ルノーサムスン自動車は来る4月からルノーグループ内6つの全世界地域本部のうち、現在の’アジア-太平洋’で’アフリカ-中東-インド-太平洋’で、所属地域本部が変更されると20日明らかにした。

ルノーグループは来月1日に予定された組織再編に合わせて従来のアジア-太平洋地域本部に属していた大韓民国、日本、オーストラリア、東南アジアや南太平洋地域をアフリカ・中東・インド地域本部と統合し、アフリカ-中東対インド-太平洋地域本部に再編した。また、中国市場に対してより注力できるよう中国地域本部を新設した。

ルノーサムスン自動車の所属地域が、アジアを越えてアフリカ・中東対インド-太平洋まで拡大されることによって同地域内のルノーグループの輸出のノウハウを活用し、輸出地域の多角化、持続的な成長を期待できるようになった。特にアフリカ、インド地域の場合、東南アジア地域とともに成長可能性が高く、ルノー・日産と三菱電機、アライアンス間のシナジー効果が大きな地域として知られ、ルノーと日産モデルを一緒に生産できる釜山工場の長所が一段と浮かび上がるものとみられる。龍仁にあるルノーテクノロジー・コリアも、既存のアジア地域R&Dハーブを超えて、ルノーグループ内の中核研究開発基地としての役割拡大が予想される。

一方、ルノーグループは、今回の再編について「全世界自動車産業の急な変化の速度に従って消費者期待に機敏に復興し、組織運営の効率性と収益性を改善するためのもの」と明らかにした。

ヘラルド経済
ttps://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=016&aid=0001512364


こちらは本日のルノーサムスン記事の3つ目になります。肯定的な印象を受ける記事をご紹介しました。

ルノーと日産モデルを一緒に生産できる釜山工場の長所が一段と浮かび上がるものとみられる。龍仁にあるルノーテクノロジー・コリアも、既存のアジア地域R&Dハーブを超えて、ルノーグループ内の中核研究開発基地としての役割拡大が予想される。

R&Dはまだしも、何でストライキやまともに機能しない法人の役割を拡大しなければならないのか。本当に理解できません。

アンケートをさせてください!!

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す