半導体輸出10%減で、生産誘発額は最大20兆ウォン・雇用5万人の損失

「半導体傾倒」韓、輸出品目偏重深刻… 「米・英の2倍」

  • 韓経研「昨年の輸出品目偏重性、過去20年間で最高」
  • 「1位品目半導体不振時の打撃相当、新産業の育成が必要」

半導体、ディスプレイ等に集中している韓国の輸出品目集中度が海外の主要輸出国の平均に比べて2倍近く高いという調査結果が出た。主力産業の競争力の確保と新産業の育成が急務である分析だ。

韓国経済研究院が18日に発表した「韓国の輸出偏重性分析と示唆点」報告書によると、昨年韓国の輸出品目集中度は137.2で、20年間の最高値を記録した。海外の主要輸出国の平均(77.9)と比較して1.8倍高い

昨年、海外の主要な輸出国(10大輸出国のうち香港を除く)の数値を見ると、オランダが66.6、ドイツは87.1、アメリカは63.6、英国が69.3、イタリアは62.2、日本は118.1、中国は112.7、フランスは50.2を記録し韓国が最も高かった。日本(11月)、中国(3月)を除いた残りの国は、昨年10月までの累計輸出基準である。

イ・テギュ韓経研研究委員は「韓国は、輸出品目の集中度が非常に高いため、一部の主力品目の輸出が全体輸出実績に与える影響が大きい」とし「特に1位品目である半導体の輸出が不振の場合、韓国が受ける影響は相当なものだろう」と説明した。

続いて「20年以上先頭圏を維持してき半導体の技術の優位性が挙げられるが、他の主力製造業の不振と新たな成長動力の発掘に失敗したのも原因」と付け加えた。

問題は、半導体産業の不振如何に応じて韓国の経済状況も揺れるという点だ。韓経研レポートによると、WSTS(World Semiconductor Trade Statistics)は、昨年末から今年の世界半導体市場の成長予測を徐々に引き下げてきた。特にメモリ半導体分野では-14.2%と大幅のマイナス成長を見込んでいる。WSTSの見通しが現実ならば韓国の半導体輸出は大幅に縮小する可能性が高いという指摘だ。

韓経研は国内外の見通しをもとに、半導体の輸出増加率に基づいてシナリオを構成して、半導体の輸出の産業連関効果を分析した結果、メモリ半導体の成長率が-10%を記録した場合、最大20兆以上の生産誘発額の減少と5万人以上の直接または間接雇用の損失を被ると予測した。

これらの偏り現象を防ぎ、輸出の多様化のためには、主力の製造業の構造調整と技術革新、成長の速度を高めなければならないという主張だ。報告書は「主力輸出産業の競争力の確保と新成長動力の確保が必要である」とし「後発国との格差がほとんどない主力産業の構造調整支援と、不必要な各種の規制や制度の改善が急務」と強調した。

news1
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=421&aid=0003888527


この資料を見る限り、日本も輸出品目が集中していることになる…とすると、日本も

「主力輸出産業の競争力の確保と新成長動力の確保が必要である」とし「後発国との格差がほとんどない主力産業の構造調整支援と、不必要な各種の規制や制度の改善が急務」

ということで、韓国のことは言えないよね〜と言うことになります。残念ですが。

特に1位品目である半導体の輸出が不振の場合、韓国が受ける影響は相当なものだろう

昨年末から今年の世界半導体市場の成長予測を徐々に引き下げてきた。特にメモリ半導体分野では-14.2%と大幅のマイナス成長を見込んでいる

残念ながら昨年末から今もメモリ半導体市場は以前と比較してあまりよくない。。。

上から1月・2月・3月10日までの貿易に関する記事ですが、すべて半導体不振とあります。
韓国、輸出2ヶ月連続のマイナス。半導体輸出-23.3% 対中国-19.1% 韓国、景気減速・半導体不振で3ヶ月連続輸出額下落 韓国、3月1〜10日輸出前年比19.1減 半導体29.7%減

追い討ちをかけることになりますが、昨年2018年の第4四半期(10月〜12月)のサムスン電子は半導体不振で当初予想の営業利益から大幅DOWNしてしまう憂き目に。
サムスン電子、半導体寒波で2018年4四半期の営業利益6000億円蒸発。1四半期さらに後退も。

確かに韓国の他の輸出品でも好調かな?と思えるようなものがないですね。。。

こちらのクリックをお願いいたします。

皆さんこちらのクリックをお願いいたします!

コメントを残す