サムスン、スマートフォン世界シェア1位に「警告音」

アジアトップ5にも入れなかったサムスンスマートフォン世界1位に’警告音’

中国に続き、中国企業に押されてインド市場低迷

サムスン電子のグローバルスマートフォン1位固めに警告音がなった。全体の市場シェアは20%以下へと下がり、アジア地域ではトップ5の中にも入れない状況にぶつかった。

2018年第4四半期アジア、北米のスマートフォンシェア。カウンターポイントリサーチ提供

市場調査会社のカウンターポイント・リサーチは昨年4四半期、サムスン電子が18%のシェアでグローバルスマートフォンのシェア1位を占めたと1日明らかにした。2位のファーウェイは、17%とサムスン電子を追撃した。リチャード・ユー、ファーウェイコンシューマービジネスグループ最高経営者は、昨年あるマスコミとのインタビューで”2019年にはサムスン電子と同じレベルに上がって、2020年には1位になれる”と自信を示したことがある。現在の流れなら、ファーウェイの挑戦が虚言で終わらないかもしれない。

世界最大市場である中国と急浮上しているインド市場での成長の勢いが衰えたことがシェア下落の原因になった。サムスン電子は、アジア市場で5位圏から外れた。3四半期は10%に5位入りしたサムスン電子は4四半期は、アップル(12%)にも遅れを取った。サムスン電子は、中国市場の反騰を向けて相次いで新製品を発売し、力を入れているが、去年のシェアが1%にも満たなかった。インドでも昨年末にシャオミに1位の座を明け渡した。タイでもOPPOに押され、1位の座から降りた。アジア市場は米国、欧州よりプレミアムフォンの需要は少ないが、人口数が多く、スマートフォン普及率が低く、成長可能性が大きいために失うことができない。

サムスン電子はアップルのホームグラウンドである北米市場では、アップル(47%)の半分にも満たない22%のシェアで2位を記録している。欧州でも2位だ。北米・欧州市場は、スマートフォン市場が成熟したところで形成された構図が簡単には変わらない。すでにアップルのiPhoneがプレミアム市場を掌握しているため、サムスン電子が市場構図を変えることは容易ではない。サムスン電子は、中南米と中東・アフリカ地域では1位を強固に守っている。

サムスン電子としては今年のスマートフォンの”守勢戦略”が極めて重要になった。雰囲気は良好な方だ。10周年を迎え、野心的にリリースしたギャラクシーS10は好評を得ている。予約販売も順調だ。業界では、少なくとも4000万台以上の販売を楽観視している。インド市場奪還に向けて勝負に出た”費用対効果の高い”スマートフォンMシリーズの反応もいい。10万ウォン台のM10、M20は発売3分で売り切れになった。中国市場奪還に対する意志も相変わらずだ。サムスン電子IT・モバイル(IM)部門のコ・ドンジン社長は「中国市場で、この2年間困難を経験したが、市場拡大に向けて流通組織などを整備して、今年は効果が出るだろう」と強調した。サムスン電子は中国市場を狙って新技術を、ギャラクシーAのような中間フォンにまず適用して、注文者開発生産(ODM)方式で現地メーカーに生産を任せてギャラクシーブランドだけをつけて販売する方式も導入している。

国民日報
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=005&aid=0001177367


韓国の新聞で定期的に配信される世界のスマホシェアランキング。国民の大半は関係ないのですがサムスン電子は韓国の誇りでもありますので、どうしても韓国企業がTOPでいて欲しいのでしょう。

本当なのか気になり、Counter Pointの元資料にあたってみました!

  1. Samsung:18%
  2. Apple:17%
  3. Huawei:15%

…記事の内容と順位が違うのですが…??
参考 Q4-2018 Market Monitor reportCounter Point

気を取り直して、カウンターポイントの資料でアジア市場に日本も入っているみたいですが、個人的に日本のシェアを1回たりとも調べたことがないので、直近のデータを調べてみました。

  1. Apple:47.4%
  2. Sharp:11.9%
  3. Fujitsu:10.0%
  4. Sony:7.8%
  5. Kyocera:7.2%
参考 2018年第3四半期 国内携帯電話市場実績値を発表 IDC Japan株式会社

サムスンも日本市場は欲しいでしょうね〜。Appleのシェアが減って海外勢が入り込む場合、サムスンが入り込めずに中国勢に流れる予感はしますが。ファーウェイが制裁を受けて、アメリカ・日本市場を開拓できない間に、サムスンはシェアを拡大できれば良いですが、他の中国企業に取られるような予感しかしないし…

こちらのクリックをお願いいたします。

シェアの推移が観れて楽しい。
Global Smartphone Market Share: By Quarter

コメントを残す