サムスンSDI、ハンガリー電気自動車バッテリー工場に追加投資

サムスンSDI、ハンガリー・電気自動車バッテリー工場に5600億の追加投資

昨年末に理事会開催、追加投資決定

サムスンSDIがハンガリー・電気自動車バッテリー工場に約5600億ウォンを追加投資する。

27日、業界によると、サムスンSDIは、昨年末に理事会を開き、このような事案の投資を決定した。ハンガリー電気自動車電池市場が引き続き成長したことを受け、市場対応のためだ。投資金額はハンガリー法人の設備売買と有償増資に使用される予定だ。

ただ、サムスンSDI関係者は「具体的な投資規模と時期などについては確認することはできない」と話した。

サムスンSDIは、2016年ハンガリー・グェドに約4千億ウォンを投資し、昨年から本格的に電気車バッテリー工場を稼動させている。今回の追加投資を合わせると、ハンガリーバッテリー工場の投資規模だけで1兆ウォンが超える見通しだ。

アイニュース
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=031&aid=0000483167


SKイノベーションの記事を読んでいて、気になったので調べたら出てきたのが、2月27日付けのこちらの記事。
SKイノベーション、欧州でバッテリー生産工場1000億円規模投資

SKイノベーション・サムスンSDIともに電気自動車バッテリーに力を入れている企業で、韓国企業時価総額ランキングでも、SKイノベーション20位・サムスンSDI21位と近い順位で争っています。売上に関しては、圧倒的にSKイノベーションの方が多いのですが、サムスンSDIは子会社が1社あるのみで、SKイノベーションは子会社が5社あるため。

サムスンSDI【企業基本情報】 SKイノベーション【企業基本情報】

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す