上半期に新卒採用実施する大手企業たったの39.5%

今年上半期の大手企業の新卒採用8.7%減少予想

  • ジョブコリア調査…大企業64社の大卒正規社員計6222人採用
  • ロッテグループ3月第2週から、CJグループ3月初旬か中旬、現代自動車随時採用

今年上半期の大手企業の大卒者新入社員採用の採用規模が前年比8.7%減少するだろうという見通しが出た。

就業ポータル、ジョブコリアが売上高上位500大企業のうち調査に参加した162社の’2019年上半期の大卒新入社員採用計画’について1対1の電話アンケート調査を実施した結果を25日明らかにした。

調査に参加した企業のうち、上半期大卒新入社員採用を進める企業は39.5%と5社のうち約2社にとどまった。’まだ採用の是非と時期を決めなかった(未定)’は企業が17.3%で、43.2%は’上半期の大卒新入社員採用を進めない’と答えた。

今回の調査に参加した企業のうち、昨年上半期大卒新入社員採用を進めた企業が60.5%と調査され、まだ採用するかどうかを確定しなかった大企業(17.3%)のうちいくつかの大企業は上半期の大卒新入社員採用を進める可能性がある。

採用時期は’3月’に進めることを明らかにした大企業が34.4%で最も多く、2月(10.9%)、4月(6.3%)の順で多かったが、21.9%の企業は’採用時期は確定していない(未定)’と答えた。

今年上半期大卒新入社員採用を行うと答えた39.5%(64社)が明らかにした採用規模は計6222人と集計された。1社あたり平均97人を採用する水準だ。しかし、これは昨年、企業の採用規模(6814人)比-8.7%減少したもので、今年上半期の大手企業の新人採用試験市場はあまり明るくない。

実際、大手企業の人事担当者たちに’今年上半期の採用市場をどう見通すか’質問した結果、’採用規模が増加する’と見通した回答者は5.5%にとどまり、半分以上の55.5%は’例年と同様のレベルになる’だと答えた。一方、’採用規模が減少するだろう’という回答者が39.0%に10人のうち約4人水準に多かった。

ロッテグループとCJグループなどは今年上半期も大卒の新入社員採用を進める計画だ。

ロッテグループは3月第2週から第4週まで大卒の新入採用志願者を募集すると発表した。採用規模は昨年の水準だ。昨年上半期の新入社員採用でAI書類選考を導入したロッテグループは今年の新入社員採用でもAI書類選考を進めると明らかにした。CJグループも今年上半期大卒新入社員採用を進める計画であり、採用時期は3月初旬か中旬を予想している。

現代自動車は今年、大手企業の中で初めて大卒の新入社員採用を廃止し、通年採用を導入して運営している。

newsis
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=003&aid=0009078277


43.2%が新卒採用しないというのは驚きです。人数は少ないながらも採用はあるならわかるのですが、採用しないとなると日本の氷河期同様世代がぽっかり空いた、いびつな社員の年齢構成になると思うのですが、日本の氷河期同様で、そんなことを言っている余裕はないのでしょうね。

大手は採用しない。中小はもっとしない。。。
文在寅政権の雇用対策は、公共事業ばかりになるのでしょうか…

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す