韓国人が入社したい企業

‘入社したい大企業’2位にカカオ・・・5位のネイバー

入社を好む企業の上位圏に IT・ベンチャー企業が跳躍する様相だ。

求人求職のマッチングプラットフォームのサラムインは求職者1040人を対象に’上半期入社したい大企業’を調査した結果を20日に発表した。

1位はサムスン電子が14.9%で安定の地位を確認した。しかし、産業構造や企業の選択基準が変わり、求職者たちの’入社を好む企業’も変化した姿が見られた。

2位は既存の企業を退けてカカオ(12.2%)が占めた。韓国電力公社(6.2%)は3位となり、昨年より一階段下りてきて、現代自動車(5.6%)は4位にとどまった。5位は、ネイバー(5.5%)だった。

サラムインの関係者は「入社を好む企業1~5位内に’IT・ベンチャー企業’に代表されるカカオやネイバーが順位に上がって、未来の職務と産業に対する求職者たちの選択が少しずつ変わっていることを示している」と説明した。

次に LG電子(4.2%)、 SKハイニックス(4%)、 CJ第一精糖(3.1%)、セルトリオン(2.5%)、 LG化学(2.4%)が10位内に入った。

これらの企業を選択した最も大きな理由としては’高い年俸'(27.2%)を挙げた。 継続して’社内福祉制度'(17.3%)、’会社のビジョン、成長可能性'(10%)、’定年保障など安定性'(8.5%)、’国内外の評判など、企業イメージ'(8.4%)、’定時退勤などワーク・ライフ・バランス重視、勤務環境'(7.1%)などの順だった。

京郷新聞
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=032&aid=0002923620


あまりにも当たり前すぎて驚きを感じない順位です。

有名でない企業は、9位のバイオシミラーで有名なセルトリオンでしょうか。韓国企業時価総額ランキング4位の有望企業です。

1位:サムスン電子
2位:SKハイニックス
3位:LG化学
4位:セルトリオン
5位:現代自動車

先月末の時価総額ランキングをこちらのページで紹介しておりますので、興味のある方はご覧ください。2019年1月31日現在 韓国企業時価総額TOP100

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す