日・米・中に板挟みの韓国半導体産業

米中日に板ばさみの韓国半導体

  • WSJ「中国、米国との貿易交渉で、米国産の輸入規模3倍に拡大提案」
  • 韓国、輸出萎縮可能性…日本「中心物質輸出禁止」脅し

輸出の20%を占め、韓国経済の唯一の成長エンジンとなっている半導体産業が時ならぬ外圧を迎えている。超好況が終わり低迷局面に入った状況で、米国と中国、日本がそれぞれ’韓国半導体の覇権けん制’に乗り出す三重苦に苦しんでいるのだ。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、14日(現地時間)「米中貿易交渉過程で、中国側が今後6年間2000億ドル(約22.5兆円)分の半導体を輸入すると提案した」と報道した。アメリカが中国に輸出する規模の3倍を超える。この影響で、先週15日、サムスン電子とSKハイニックスの株価はそれぞれ3.1%、4.7%下落した。

中国の半導体の輸入は2017年2601億ドルであったが、昨年は2990億ドルを記録したと推定される。世界半導体市場規模の半分以上だ。中国が人為的に輸入量を米国企業に割り当てれば、それだけ韓国半導体の輸出は萎縮する。半導体業界では「米国が中国を圧迫して、世界半導体市場の首位の座を取り戻そうとするのではないか」という話が流れている。2010年代初頭まで、インテルは世界半導体1位で、クアルコム社は3位、テキサス・インスツルメンツは4位だった。しかし、当時2位だったサムスンは、メモリー半導体超好況を追い風に、2017年と2018年世界1位を記録した。SKハイニックスも昨年3位に躍り出た。

最近、日韓関係悪化以降、日本政府与党の自民党では、半導体製造工程の中心物質のひとつであるフッ酸フッ化水素の韓国輸出を禁止しようという話も出ている。半導体用フッ化水素市場は日本のメーカーが事実上独占している。サムスン電子・SKハイニックスも大部分日本から輸入して使っている。

中国の半導体の台頭も脅威だ。中国YMTC(揚子メモリーテクノロジーズ)は40兆ウォン以上を投資し、昨年下半期からメモリー半導体を生産し始めた。

米・日・中の牽制に加え、業況の悪化まで重なり、昨年、過去最高の実績をあげた’大韓民国半導体号’に急ブレーキがかかるかもしれないという懸念が強い。昨年、サムスン電子とSKハイニックスは半導体分野だけでそれぞれ44兆5700億ウォンと20兆8400億ウォンの営業利益を上げた。ほとんど輸出で稼いだのだ。昨年、半導体は、韓国全体輸出の20.9%に達する1267億ドルを占めた。このような勢いを見守った米・中・日ではそれぞれ異なる方法で牽制に乗り出しているのだ。

特に今は半導体景気が低迷期に入った状況だ。需要減少による供給過剰が深刻になり、韓国企業の主力製品であるDRAMやNANDフラッシュの価格は急落傾向にある。サムスン電子とSKハイニックスの半導体在庫量は増え続け、過去最高を更新している。

①半導体1位復帰を目指すアメリカ

米中貿易交渉結果によって、サムスン電子・SKハイニックスの主要ライバル企業のマイクロン・ウェスタン・デジタルが反射利益を得る可能性が大きい。外信の報道どおり中国が6年間で2000億ドル分を購入する場合、大半がメモリー半導体に集中する可能性が大きいからだ。

現在、中国の非メモリー半導体市場はすでに、米国のインテル・クアルコムなどが掌握している。新たに輸入する余力がない。一方、メモリー半導体は、中国が韓国に輸入の50%以上を依存している。一部を米国に渡すのは容易である。世界のメモリー半導体市場が供給過剰状態になっているときに、マイクロンが中国に大規模な販路を確保すれば、それだけ韓国企業は不利になる。

②半導体素材・部品で韓国揺さぶる日本

日本はDRAM半導体市場では韓国に主導権を奪われたが、素材・部品と製造装備市場では依然として世界最強だ。日本の政権党である自民党が圧迫カードとして、これに目をつけている理由だ。自民党は、日帝強制徴用被害者側が韓国最高裁の賠償判決によって新日本製鉄の差押資産売却に着手するとすぐに半導体装備洗浄に使われるフッ化水素の輸出禁止を検討することがわかった。

また、半導体の中心素材のウェハー(丸い円盤)市場でも世界1・2位は信越化学とSUMCOだ。国内メーカーはウェハーを買い、回路を付けた後、切断して半導体を作る。1枚のウェハーに数千個の半導体ができる。さらに、半導体の中心的な装備である露光装置(ウェハーに光を発射するように回路を描く装備)もニコン・キヤノンが欧州ASMLと共に市場を主導している。

③業況悪化でも投資止めない中国

半導体の業況は予想より早いテンポで悪化している。先月DRAM価格(DDR4 8Gb基準)は17.24%下落した。2010年末の第2次半導体チキンレース以降最大幅の下落だ。

このような状況でも、半導体の台頭を試みている中国政府は天文学的投資を止めていない。中国の新生半導体企業であるYMTC(揚子メモリーテクノロジーズ)は昨年下半期にNANDフラッシュ量産に突入した。福建進化半導体とイノトロンもDRAM市場参入を準備している。中国政府は民間とともに1兆元(約16.6兆円)にのぼる半導体投資ファンドを設け、このような新生会社を支援する方針だ。

さらに、中国反独占当局は昨年から、サムスン電子とSKハイニックス、マイクロンを対象に半導体価格談合を調査しており、圧迫の水位を高めている。半導体業界の関係者は「企業一人で解決できない政治・外交問題が重なり、今後の対応策を用意し難い」と話した。

朝鮮Biz
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=105&oid=023&aid=0003427756


どうも韓国は被害者になりたがるようで…

韓国でもフッ化水素輸出制限関係はすでに記事になっていますが、今度は、中国・アメリカも加えて、自分たちが被害者だというフリをしています。(韓国では、「被害者コスプレ」と言います)
韓国、半導体装置日本依存絶対的・造船FTA紛争敗色濃厚 韓国国旗日韓レーダー対立で半導体業界緊張

自民党は、日帝強制徴用被害者側が韓国最高裁の賠償判決によって新日本製鉄の差押資産売却に着手するとすぐに半導体装備洗浄に使われる弗化水素の輸出禁止を検討することがわかった。

記憶が正しければ、”強制”徴用の被害者ではないはずだが、なぜかマスコミに流れる時は、”強制”が付くんですよね。。。慰安婦も同じ流れなのでしょうね。

文在寅はどうせ無視を決め込むから、差し押さえされるでしょうから、日本の出方を待って被害者扱いが始まるでしょうね。

記事を読んでいてふと思ったのですが、中国は、中国が輸入する半導体はすべてアメリカから輸入する、アメリカは、日本からフッ化水素を輸入する、日本は、中国から製品を”できるだけ”輸入するという関係ができれば、半導体の問題に関して言えば、韓国はいらなくなるので、3カ国協定でも結べば良いのではないかと…。他の国もガタガタうるさい韓国を相手にしたくないでしょうし、メリットしかない。

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す