韓国、借金帳消し制度強化案導入へ1

韓国で徳政令強化案が実施されることになり、話題になっています。内容が細かいので、1つの新聞社の3つの記事をご紹介いたします。この記事は1つ目の記事で大枠を理解できると思います。

脆弱階層の債務帳消し拡大めぐりモラル・ハザードを巡る議論加熱

  • “誠実に借金返済してきた人だけバカをみる”公平性の懸念

金融委員会が脆弱階層に対する借金帳消し拡大政策を発表するとモラル・ハザードを巡る議論が再び浮き彫りになっている。

少額延滞にもかかわらず長期間借金の泥沼にはまって正常な社会生活ができない脆弱階層を救済することについては共感が少なくないが、社会全体に借金を返済せずに済むという間違った風土が定着しかねないという懸念の声も高まっている。金融当局が’借金で再起が難しい人たちを助けなければならない’という社会的なコンセンサスを掲げ、債務者支援策を出したが、副作用を排除できないという指摘だ。

特に、誠実に借金を返済している人が虚しさを感じさせる。債務調整制度がむしろ借金返済意欲を失わせるような副作用を生みかねないということだ。金融圏では、道徳的弛緩と公平性を憂慮しており、悪用事例が続出しかねないという声が高まっている

18日、金融委員会は、所得がなくなったり、顕著に減少した脆弱層債務者を対象に信用回復委員会の審査を経て、今は減免対象ではない未償却債務についても元金を減免する制度を導入すると発表した。償却債務の元本の最高減免率も従来の60%から70%に上げる。

債権償却は、金融会社が金を返してもらうことは難しいと判断して会計上損失処理することをいう通常、6ヵ月以上延滞した債権の貸倒損失に処理するが、今回の金融委員会では状況に応じて6ヵ月になっていない未償却債権についても返済しなければならない元金を減らす案を発表したのだ

また、長期、少額債務者、基礎生活受給者、障害年金受領者、70歳以上の高齢者など脆弱債務者の借金帳消し対象を拡大する。これらの負債の削減は最大85~95%水準だ。この特別減免対策は返済能力があると判断された債務者については、債務減免率を高め、最初から返済能力のない小額延滞者の場合、返済の意志だけ確認すれば、残りの債務をなくすことが骨子だ

金融当局は金利の上昇期に入った状況で、袋小路に追い込まれた限界借主が急増する可能性があるので、脆弱債務者に対する支援が必要だと見ている。チェ・ジョング金融委員長は「債務に対する過度な自己責任感が追加融資を起こしたり、債務調整制度利用を遅らせて再起の可能性をなくす」と話した。

しかし、金融当局が銀行債務者に対してまで負債の帳消しを推進し、モラル・ハザードを巡る議論が広がっている。

都市銀行の関係者は「どのような信用等級の顧客がどれだけ融資を返済したのか記録されたものを持って営業する金融会社の根幹を揺るがす制度」と「銀行が融資し返済をしてもらわなければならないお金があるのに、政策や制度で返済金を受け取るなと指示されるのは、お金を奪われているのと同じだ」と吐露した。また、他の関係者は「銀行は損失を補填するため、金利を引き上げるなどの方法を使うしかないが、この場合、誠実に借金を返済してきた大多数の善意の金融消費者が金利をより多く支払わなければならない逆差別が発生する」、「都市銀行の場合、資本吸収力が強い方だが、第2金融圏の場合、相対的に脆弱で損害を被る悪循環がより発生しかねない」と話した。

ある貯蓄銀行の関係者は「事実上、信用回復を申し込む客は信復委で審査され承認されれば、金融会社は無条件に従わざるを得ない状況」とし、「金融会社が負担を負うしかないため、一部の債務者たちはこれを悪用して、債務を減らす場合がある」と話した。彼は「政府の減免政策で債務が減れば、その後、再び融資を受けて、借金が雪玉のように大きくなったらその時は、個人再生を申請するが、個人再生期間も3年に短縮された状況であるため、3年だけがんばれば良いという考えする人がいる」、「韓国で誠実に返済すれば馬鹿という話が出かねない」と付け加えた。

news1
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=421&aid=0003837509


徳政令の内容は、脆弱層債務者の債務のうち
・償却債務:最高減免率60%→70%
・未償却債務:対象に含まれることに

脆弱者のうち一部の人に限り
・最高減免率85%〜95%

という内容で借金の帳消しが行われることがわかりました。

この特別減免対策は返済能力があると判断された債務者については、債務減免率を高め、最初から返済能力のない小額延滞者の場合、返済の意志だけ確認すれば、残りの債務をなくすことが骨子だ

返済の意志だけ確認すれば、残りの債務の免除というのは、
役所:「返済する気がありますか?」
債務者:「あります!!」
役所:「債務免除!」
まさかこのようなことではないと思いますが…

より詳しい内容の2と3があります!

韓国、借金帳消し制度強化案導入へ2

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す