韓国、失業率寒波

1月の製造業の雇用者17万人減少…失業率2010年以降最高

  • 統計庁、13日’2019年1月の雇用動向’発表
  • 1月の就業者1万9000人↑…5ヵ月ぶりに最小の増加幅
  • 失業者数122万4000人…2000年1月以降最多
  • 15~64歳の雇用率1年ぶりに最低…30~50代で下落

製造業の就業者数が1年ぶりに最も大幅に減少し、先月の就業者が5ヵ月ぶりに最も低い水準に増えた。失業者数は1月基準で19年ぶりに最も高い水準に上昇しており、失業率も2010年以降最も高かった。

13日、統計庁が発表した雇用動向によると、昨年1月の就業者数は2623万2000人で1年前より1万9000人増加した。就業者数の増加幅は昨年7月5000人、8月3000人を記録し、1万人台を下回っていたが、それ以後最も低い水準での増加だ。

男子就業者は1510万人で1年前より7万9000人が減少したが、女性就業者は1113万2000人で1年前より9万8000人増えた。

60歳以上の年齢帯では26万4000人、50代では4万4000人、20代では3万4000人それぞれ増えたが、40代では16万6000人、30代では12万6000人が減少した

産業別に見ると、保健業や社会福祉サービス業で、史上最大幅の17万9000人が増えた。このほか農林漁業(10万7000人)、情報通信業(9万4000人)、専門·科学および技術サービス業(3万9000人)で就業者数が増加した。高齢化が続き、健康検診や療養施設など社会福祉事業部門への人材流入が続いているという説明だ。

一方、製造業の就業者数は17万人も減少した。2017年1月17万人減少して以来、最も大きく縮小した。建設業でも1万9000人が減少したが、これは2016年8月以降29ヵ月ぶりに初めてだ。

卸・小売業でも6万7000人減少した。減少幅は昨年11月6万9000人減少して以来、最大幅だ。宿泊と飲食店業では4万人が減少した。

職業別の違いも類似した。農林漁業熟練従事者(11万人)、専門家及び関連従事者(7万6000人)などは増加したが、装置・機械操作及び組み立ての従事者(-18万4000人)、単純労務従事者(-11万8000人)などは減少した。

従事地位別に見ると、賃金労働者のうち常用労働者数が1年前より27万9000人増えた。老人の働き口が増えた影響と統計当局は分析した。

日雇い労働者も2万5000人増加した。しかし、臨時労働者は21万2000人減少した。非賃金勤労者は7万3000人減少した。雇用者にいる自営業者が4万9000人減少し、雇用者のいない自営業者と無給の家族従事者が1万2000人減少した。卸・小売業や宿泊と飲食店業の不振が自営業者の雇用状況にも影響を及ぼしているものと解釈される。

15~64歳の人口のうち、就業者が占める割合である雇用率は65.9%に1年前より0.3%ポイント下落した。2017年1月(59.1%)以来1年ぶりに最安値を再び記録したものである。

チョン・ドンウク統計庁・雇用統計課長は「製造業の減少幅が17万人に拡大した影響が大きく、事業施設管理、事業への支援と貸出サービス企業と都・小売業の減少傾向が持続している」と説明した。

雇用率は30~50代でいずれも下落したが、60歳以上(0.6%p)と15~29歳の青年層(0.7%p)では上がった。

失業者は122万4000人で1年前より20万4000人(20.0%)増加した。1月基準で見ると2000年1月(123万2000人)以降最も高い水準だ。30代を除いた全ての年代で増えた。

経済活動人口のうち、失業者が占める割合である失業率は4.5%で1年前より0.8%pの上昇した。2010年1月(5.0%)以降最も高い水準だ。体感失業率を表す雇用補助指標3(拡張失業率)は13.0%(原文では12.0%とあるが誤りのため訂正)で1年前より1.2%pの上昇した

非経済活動人口は1686万4000人に1年前より2万3000人(0.1%)増加した。

newsis
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=263&oid=003&aid=0009057593


1年前との就業者数と失業者数を並べて驚きました。

  • 就業者数:2623.2万人(1.9万人増加)
  • 失業者数:122.4万人(20.4万人増加)

失業者が1年前より20万人も増えたと…就業者数が2万程度しか増えていないのに。。

毎年2月に失業率がピークを迎えるのが韓国の失業率の流れなのですが、1月の段階で4.5%ということは2月の失業率は5%を超えるかもしれません。

韓国国民の体感失業率である拡張失業率の推移をみてみると先月が2015年に統計を取り始めて一番失業率が高い…

日本では景気が〜雇用統計が〜など言っていますが、韓国の悲惨さと比べたら大したことないような…

 

失業率の推移などはこちらでご覧いただけます。
韓国月次・年間失業率推移【経済指標】

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す