サムスン重工業、今季初のタンカー建造受注

サムスン重工業、LNG線2隻の受注…造船業界の受注隊列に合流

サムスン重工業が LNG(液化天然ガス)船2隻の受注で新年の受注に拍車をかけた。

これまで大宇造船海洋を皮切りに、現代重工業など国内造船’ビッグ2’が超大型原油タンカー(VLCC)受注のニュースを相次いで知らせたが、サムスン重工業は静かだった。

サムスン重工業は、欧州地域の船主会社のセルシウスタンカース(Celsius Tankers)と4199億ウォン規模の18万トン級LNGタンカー2隻に対する建造契約を締結したと29日明らかにした

今回受注した船舶は、サムスン重工業が独自開発したセイバーエア(SAVER Air)、インテリマンシップ(INTELLIMAN Ship)などエコ・スマートシップ技術が採用されている。セイバーエアは、船体の底に空気を噴射し、船体表面と海水の間に空気層を形成することにより、船舶の摩擦抵抗を減少させ、燃費を向上させる省エネ装置(ESD)の一種だ。波や潮流のような外部環境と関係なく、燃料削減効果が5%以上は可能で、船舶を20年運航すると仮定した場合、1年分の燃料コストを減らせる可能性があるというのがサムスン重工業側の説明だ。インテリマンシップは、運航状態による燃料使用量や二酸化炭素排出量をリアルタイムで計測することにより、船舶二酸化炭素の規制に効率的に対応することができる。サムスン重工業の関係者は「受注目標達成のために設計、R&D(研究開発)、営業、生産など全ての部門で技術開発とコスト削減、お客様満足向上に向けて全力を尽くしている」、「LNGタンカーなど収益性の高い高付加価値船舶受注を通じて、受注の量と質を向上させる」と話した。

また、サムスン重工業は、LNGタンカー、コンテナ船など世界新造市場の回復基調に合わせて今年の受注目標を前年実績より24%増加した78億ドルに設定した。

Money Today
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=029&aid=0002505937


2019年初めてのサムスン重工業の受注のニュースです。

ところで、他の記事で造船FTA紛争敗色濃厚という内容を紹介しているのですが、これは、造船大手3社のうち”現代重工業”と”サムスン重工業”の2社には関係のない話で、大宇造船海洋という会社が政府から徹底的に支援を受けて、あまりにも安い価格で受注していることを日本・EU側が問題にしているものです。
韓国、半導体装置日本依存絶対的・造船FTA紛争敗色濃厚

大宇造船海洋は早いところ現代重工業orサムスン重工業のどちらかと合併してしまった方が世の中のためです!!

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す