“慰安婦後援ブランドのカバンを持つな”日本下請け会社が高慢な禁止令?

“慰安婦後援ブランドのカバンを持つな”韓国航空会社の日本下請け会社が高慢な禁止令

  • 「制服を着用するとき、政治・宗教的なもの不許可」
  • 韓国人従業員「バッグ、ショッピングバッグに入れて行く」
  • 航空会社「パートナー自体規定に介入できない」

ある国内航空会社の日本協力メーカーが、慰安婦のお婆さんを後援するブランド’MARYMOND’のエコバッグを持って通っている韓国人の地上職職員に「ユニホームを着て当該のカバンを手にしてはいけない」という禁止令を下し、議論が広がっている。

28日、業界によると、この航空会社はアウトソーシング会社FMGを通じて日本の千葉県成田空港で働く地上職職員を間接雇用している。FMGは日本の空港ハンドリング会社で、国内航空会社のほかにベトナム航空会社、ロシアの航空会社などとも業務契約を結んでいる。FMGが採用した外国人労働者のうち韓国人は主にこの航空会社に配分される。FMGを通じて、この航空会社の地上職業務を担当する人員の半数は韓国人、残りは日本人だ。地上職は発券やチケットの確認などの業務などを担当する。

昨年11月FMGに入社し、この航空会社の地上職を割り当てられた韓国人A氏は韓国から持ってきたMARYMONDのかばんを日本でも通勤用に使用した。しかし、最近、担当マネージャーからカバンを持ち歩いてはいけないという指示を受けた。以降、マネージャーはFMG所属の地上職32人が集まっているLINKグループに「ユニフォームを着用しているときは、マリーモンド・ブランドの鞄を所持しないでほしい。会社は政治的、宗教的な意味が込められている物を許さない」と公知を下した。FMG所属の職員は該当の航空会社のユニフォームとは他のユニホームを着る。

A氏は「政治スローガンが書かれているわけでもなく、ただ慰安婦の女性を後援する会社のカバンとして、持ち歩かないようにすることは不合理と感じたが、入社1年以内に退社すると、1月分の給料より多くの違約金を支払うことになる雇用契約のために異議を提起することができなかった」、「日本人上司が持続的に’まだかばんを変えなかったか’と指摘し、結局、かばんを紙袋に入れて持っていた」と話した。さらに、「入社前、会社側が外国人労働者ビザをとってくれたのだから、違約金条項を甘受するように強要し、雇用を求めなければならなかったために、会社側が提示した勤労契約書に同意するしかない状況だった」と付け加えた。

FMG所属の韓国人職員は、この航空各社の本社がFMG側のMARYMONDかばん禁止令の事実を知りながらも何の措置も取らなかったと主張した。航空会社の関係者はこれに対して「このような内容の問い合わせが数回入って成田空港支店に事実確認を要請し、FMG政治的宗教的メッセージが込められた装身具を禁止したという報告を受けた」、「協力会社だが、他の会社であるから、その会社の規定に介入できない」と明らかにした。

ソウル新聞
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=081&aid=0002973402&date=20190128&type=1&rankingSeq=5&rankingSectionId=101


こういう記事になっていること自体が、政治的なメッセージが込められていることの査証だと思いますね。

MARYMOND(マリーモンド)と検索すると慰安婦支援ばかりが強調されている検索結果の内容からすると、強行な思想の方が会社に苦情を入れてくるなどのリスクを考えられるので、日本企業として何か問題が起こったときのリスクを考え、無用なリスクを避けるために事前の対応をしたというだけで、この対応はいたって当然だと思います。というより、優秀な人材ほどNGにしておく可能性が高い。

何か問題が起こったときにA氏が電話対応やメール対応など”すべて”対応してくれるのであれば良いでしょうがしないでしょうからね。

LINKグループの書き込みにも”ユニフォームを着用しているとき”と限定していますし、「慰安婦はデッチ上げだ!」と主張する団体を支援するブランドのバッグを持ち歩けと強制しているわけでもないし。MARYMONDを日本で支援している人からすると人権侵害とか言い出しそうですが。たぶん、湧いて出てくる。

韓国で、韓国系企業に入社した日本人が、竹島支援や韓国に拿捕された漁民を支援をするブランドと知られているTシャツを着ていた場合、どういう対応をするか。たぶん、口では問題ない的なことを言っておきながら、実際に問題が起こった場合、激ギレするのがオチだと思います。

FMGがんばれ!
参考 FMG公式FMG ついでに手続き費用を自己負担させれば良いだけですから、違約金は労基法違反の可能性が高いので事実ならやめた方が良いです。

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す