韓国、家計への融資金利引下げで利息負担減

1つの記事で話題に対する全体像が見える記事がなかったので、家計負債に関係する記事を3本ご紹介いたします。こちらは、金利引下げ政策に関する記事になります。他の被っているところを省略しています。

金融委員長”COFIX金利引き下げで消費者利益最大1兆ウォン”

  • チェ・ジョング委員長、家計負債管理点検会議主宰
  • 「加算金利不当調整に制度趣旨を損ねてはならない」…銀行圏へ警告状

チェ・ジョング金融委員長は、銀行貸出金利の算定の基礎となるコフィックス(COFIX)金利を下げ、新しい指標を7月から導入することにしたことと関連し、最大1兆ウォンの消費者の利益が予想されると明らかにした。(※COFIXとは、韓国国内の8つの銀行が提供した資金調達に関連する情報をもとにして算出される資金調達コスト指数で、これに連動した貸出金利を適用する金融商品が多い)

27日、金融委によると、チェ委員長は25日午後、政府ソウル庁舎で”家計負債管理点検会議”を開き、「金融研究院がCOFIX連動新規融資の規模、ローン転換予想率などを仮定して試算した結果によると、融資金利を新しい指標に基づいて下げた場合、年間少なくとも1000億ウォン、最大1兆ウォン以上の利益が消費者に還元されると把握している」と述べた。

チェ委員長のこのような発言は、”預貸マージン減少”を懸念している銀行圏の不満と新しいCOFIX指標を導入しても貸出金利は、全く変わらないという主張を意識したものと解釈される。

これに先立ち金融委は、銀行の融資時の基準金利として活用されているCOFIXを、従来よりも0.27%ポイント下げた新しい”残高基準COFIX”の指標を7月新規貸付から適用することにした

チェ委員長は「このような改善案について、銀行の利益を縮小するという不満が提起されているが、長期的な視点で見ると、今回の制度改善は、最終的に銀行の金融消費者の信頼を高め、持続可能な利益の創出に寄与する」と強調した。

さらに「一部では銀行が加算金利を調整すれば、消費者の利益が減るという懸念もある。今後施行される過程で、銀行が加算金利を不当に調整するなど、今回の制度改善の趣旨が損なわれてはならない」とし、銀行券が合理的根拠なしに任意に加算金利を引き上げないように警告した

彼は「銀行連合会は、模範規準を支障なく改訂し、新しいCOFIXも早めに試験運用できるよう、システムの変更に拍車をかけてほしい」とし、「銀行も新しいCOFIXが試験的に実施されると、それに合わせて新たな商品をあらかじめ準備して、7月から店頭で融資商品を扱う際に、新しいCOFIX連動商品を積極的に紹介してほしい」と頼んだ。

最近家計負債増加率と関連して、「昨年3四半期末は前年同期比6.7%増と、長期平均(8.2%)よりも確実に低くなり、2018年末の増加率も6.7%に近いレベルで管理されるものと予想される」と言いながらも「1500兆ウォンに達する家計負債規模は、金融システムと経済全般に負担を与えている」と憂慮した。

彼は「家計負債が経済規模に比べ、適正なレベルに下方調整できるように基盤を整え、中長期的には、家計負債の増加率を2021年末までに名目GDP成長率水準(5%台)に下げたい」とし、「家計部門景気対応緩衝資本制度は今年中に導入し、家計融資の重みを上方調整する預貸率規制の改善も今年の中間点検を経て、2020年から予定通り施行する計画だ」と説明した。

newsis
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=003&aid=0009033349


“家計部門景気対応緩衝資本制度”ですが、融資額に応じて資本金の積み増しをさせる制度で、英語にすると”capital conservation buffer”という制度のことのようです。

文在寅政権の家計負債対策としては、
・融資制限(DTI/DSR)
・COFIX金利引下げ
がメインになると思います。家計負債の問題に関連して、少額の借入返済ができなくなっている人の借金をチャラにしてしまう制度や個人事業主向けの融資・金利優遇政策など生活弱者向けにいろいろな施策がマスコミで伝えられていますが、今回ご紹介した記事について、個人的には政策に理解できる内容もありますが、根拠のない不安を感じます。

文在寅政権の家計負債対策に対する懸念点としてマスコミに取り上げられるものとしては、
・個人事業主への融資問題(家計負債と質は異なるが急増中)
・不動産価格下落懸念
・融資制限で融資を受けられない人の増加
・国内の金利引下げ・アメリカの金利引き上げと”家計部門景気対応緩衝資本制度”による銀行の収益性悪化
・フリーライダーの問題(韓国の家計負債対策は徳政令みたいなのが多すぎ)
あたりだと思います。韓国では大手でもリストラの話題が出ている銀行が多いのですが、銀行の経営を悪化させるような施策をしても良いのか気になるところです。

家計負債についてはこちらのリンクをご覧ください。
韓国家計負債

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す