結局、外国人に支配されている韓国企業

半導体を独占する外国人…サムスン電子だけで’1兆’近く買越し

  • サムスン電子・SKハイニックスなど
  • 実績’アーニングショック’でも独占
  • 総買い越し規模70%以上
  • 低評価された魅力に焦点

国内株式市場の’大物’外国人投資者たちがサムスン電子とSKハイニックスなど半導体株を総なめしている。特に今月は外国人たちが買い入れた半導体関連株の割合は有価証券市場総買い越し規模の70%を超える。’アーニングショック’レベルの実績低迷にもかかわらず、外国人たちが半導体関連株を買い入れていることについて、相変らず低評価されている半導体業種の魅力に焦点を合わせているためだという分析が出ている。

25日、有価証券市場でサムスン電子は前取引日比2.90%上昇した4万4300ウォンで取引を開始した。サムスン電子の株価が4万4000ウォン台まで値上がりしたのは、昨年11月16日(終値4万4000ウォン)以降2ヶ月ぶりだ。外国人たちは、前日、サムスン電子の株式を2000億ウォン買い越しをしたのに続き、同日も午前9時30分現在で1180億ウォン分を買い付け、買い越し種目1位に名を連ねた。

同じ時刻、外国人たちはSKハイニックスも450億ウォン分を買い越した。前日、市場の期待値(5兆2000億ウォン)より低い昨年4四半期の営業利益実績(4兆4300億ウォン)の発表をしたにもかかわらず、前取引日比5.54%値上がりし取引を終えたSKハイニックスは、同日も1.56%上昇した7万1600ウォンで取引を開始し、上昇ムードをキープした。

キム・ジユン大信証券研究員は「外国人の半導体業種の買収は、ほとんどプログラム売買を通じて流入された」、「SKハイニックスが市場予想値を下回る昨年4四半期の業績を発表したが、外国人は依然として半導体業種の価格、バリュエーション(企業価値評価)の魅力に焦点を合わせている」と分析した。

今月に入って韓国株式市場で攻撃的に株式を買い込んでいる外国人サムスン電子SKハイニックスを中心とした半導体関連株に注目している。有価証券市場総買い越し比率の70%以上を占めているほどだ。外国人たちの資金が流入し始めた今月9日から現在まで外国人たちが買い越した2兆3500億ウォン分の金額のうち1兆7550億ウォン程度が、半導体関連株だった外国人の買い越し1位の銘柄はサムスン電子で9312億ウォン分を買い入れており、2位 SKハイニックス(5220億ウォン)、3位のサムスン電子優先株(1935億ウォン)、5位サムスンSDI(1082億ウォン)などで上位5つの種目の大部分が半導体関連株だった。買い越しの割合の74.67%に達する数値だ。4位は KODEX200と1200億ウォン分を買い越した。

半導体関連株に対する外国人たちの態度は、昨年末に比べれば、はっきり違っている。外国人たちは昨年12月1ヵ月間、サムスン電子だけで4340億ウォン分を売りつけ、売り越し企業1位になったことがある。このような売りにサムスン電子は今月4日には、3万6850ウォンまで暴落し、52週新記録を更新したりもした。

グローバル情報技術(IT)株への投資心理が徐々に回復しているのも、半導体関連株の上昇に影響を及ぼすものと解釈される。前日米国市場ではダウ・ジョーンズ30産業平均指数は、貿易紛争への懸念で、前日比0.09%下落したものの、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)500指数と技術株中心のナスダック指数は、半導体の業況の好調で、それぞれ0.14%、0.68%上昇した。

チェ・ウリ韓国投資証券研究員は「国内証券市場は外国人の積極的な現物買いの流入で上昇幅が拡大した」、「このような流れで、コスダック市場も IT主導の中で堅調な上昇傾向を見せている」と分析した。

アジア経済
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=277&aid=0004401516&date=20190125&type=1&rankingSeq=9&rankingSectionId=101


先日、昨年末を基準にして国民年金が保有する株式の評価損がデカイという記事をご紹介し、サムスンだけで8兆KRW(8000億円)国民年金に損をさせていたのですが…
韓国、国民年金韓国財閥株で1.4兆円の大損

実は、今年に入ってから反騰しており、サムスングループとSKグループの株式に限るとプラスにまではいかなくても、国民年金の損失もそれなりに消えています。

こちらサムスン電子の株価推移

こちらはSKハイニックスの株価推移

見事なV字回復ぶり…。この記事を読む限り、株価が下落する前に利益を確定させて、株価が底をつき始めた時に買って儲けているとしか思えない動きですwww

時価総額上位会社の外国人株主割合
  1. サムスン電子 56.08%
  2. SKハイニックス 49.57%
  3. 現代自動車 45.43%
  4. サムスンバイオロジクス 8.60%
  5. LG化学 37.97%
  6. セルトリオン 19.87%
  7. POSCO 54.60%
  8. サムスン物産 13.86%
  9. SKテレコム 41.66%
  10. NAVER 59.69%
  11.  韓国電力 28.50%

※参考:サムスン電子優先株 93.01%

見事に外国人株主に占領されています。サムスンバイオロジクスとセルトリオンが、最近韓国のニュースで頻繁に取り上げられている”(バイオ系)医薬品”企業なのですが、こちらは外国人株主が少ないのは、株価が高すぎと思われているからでしょうか…

韓国企業の時価総額ランキングが気になる方はこちらをご覧ください。
韓国国旗2019年1月1日現在 韓国企業時価総額TOP100

サムスン電子企業情報
サムスン電子【企業基本情報】

SKハイニックス企業情報
SKハイニックス【企業基本情報】

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す