韓国銀行、今年の経済成長・雇用・物価の見通しすべて”下方修正”

本日(2019.1.24)、韓国銀行が”経済の見通し(展望)”と”基準金利凍結”を発表しました。この記事は、”経済展望”に関する記事です。

不確実性拡大‥’成長・雇用・物価’展望、すべて下方修正

  • 韓国銀行の今年の成長率展望2.7%→2.6%下方修正
  • “対外環境の不確実性が一段と高まる”。
  • 物価展望1.7%→1.4%に下方修正、原油価格の下落など反映
  • 就業者数の増加も16万人→14万人下方修正

韓国銀行が今年の経済成長率を、物価、雇用と関連した予測値をすべて下方修正した。世界景気の不確実性が拡大したことを反映した結果だ。

24日、韓国銀行は’2019年経済展望’資料を通じて、今年の国内経済成長率予想値を2.6%で提示した昨年10月に発表した2.7%の成長率の展望値を下方修正したわけだ。2020年も2.6%の成長率を続けるものと予想した。

市場ではすでに成長率の下落を予想してきた。イーデイリーが、最近行ったアンケート調査で、経済・金融専門家12人のうち8人(67%)が今年の経済成長率の展望値を0.1~0.2%ポイント下げるだろうと予想した。従来韓国銀行が提示した今年の2.7%という成長率は、楽観的過ぎるという評価が市場に蔓延した。韓国銀行は結局、3ヵ月ぶりに経済成長率修正した。

対外的な環境が変わったという点が反映された。同日、イ・ジュヨル韓銀総裁は「対外環境の不確実性が一層高まった」と話した。韓国経済を取り巻く環境が容易でないという意味だ。

金融通貨委員会は同日、通貨政策方針の決定文で「世界経済は成長の勢いがやや緩やかになる動きを示した」と指摘した。世界貿易紛争に対する不確実性が高まっているうえ、中国の成長減速への懸念、ユーロ地域の政治的リスクまで不確実性要因が多いということだ。

ユン・ヨサム メリッツ総合金融証券・債券部門パート長は「米国と中国の貿易紛争の恐れが国内輸出景気鈍化にも反映される可能性がある」、「既存の2.7%成長率は達成することが容易ではなかったのが事実」と指摘した。

韓国は今年の物価展望値も下げた。今年1.7%を予想した韓銀は1.4%に物価予想値を修正した。国際原油価格が下落した点を追加で反映した。イ総裁は、昨年末に記者懇談会で「物価がここまで落ちると予想しなかった」と話した。ただ、2020年には物価上昇率が再び1.6%に回復すると予想した。

雇用も、当初予想より低迷すると、韓銀は見通した。今年16万人の就業者数の増加見通しは14万人とした。ただ、2020年には再び17万人に就業者数が増加するものと予想した。韓銀は「雇用状況は、政府の雇用と所得支援政策、外国人観光客数増加などが重なり次第に好転するもの」とし、「ただ、回復速度は緩やかなものになると見通している」と明らかにした。

成長率を下げて、物価と雇用展望値も下げたが、経常収支の黒字幅はむしろより増加すると予想した。今年の経常収支の黒字幅は従来の620億ドルの黒字から690億ドルの黒字に上方修正し、2020年には670億ドルの黒字を予想した。半導体輸出の鈍化などが悪材料だが、国際原油価格下落などで経常収支の赤字幅が減ると予想したからだ。GDP比経常収支黒字の割合は漸進的に下落するだろうと韓銀は付け加えた。

edaily
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=018&aid=0004298600


経常収支は、2018年11月までが発表されており、年間のものは発表されていませんが、11月までのデータを見る限り、2018年は750億ドル±10億前後ではないかと思います。

2019年経済成長率展望値 2.7%→2.6%

2018年経済成長率の経済成長率は2.7%で、今年は0.1%下がると予想したことになります。参考までに2000年から2018年までの経済成長率推移グラフと2018年の経済成長率に関する記事をご紹介します。

韓国国旗韓国、2018年経済成長率2.7%

・2019年物価上昇率 1.7%→1.4%

物価上昇率の推移グラフがこちらになります。

・2019年就業者数の増加 16万人→14万人

こちらは就業者数の増加推移グラフになりますが、昨年は9万7000人しか就業者数が増加しませんでした。過去の推移を見ると2018年が物凄く悪いことがわかります。

また、増加したと言っても65歳以上の就業者数が増加しただけで64歳以下の就業者数は減少してしまいました。詳しくは以下の記事をご覧ください。

韓国、失業者3年連続100万人超韓国、失業者3年連続100万人超 韓国国旗まったく現実が見えていない文在寅 韓国、労働の質も失業の質も悪化

韓国銀行の経済見通しレポート(英語版)へのリンクです

参考 Economic Outlook for 2019The bank of korea

こちらご協力よろしくお願いいたします。

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す