サムスン電子、超大型8K TV アメリカで事前予約完売

サムスン電子 超大型’QLED 8K’、米、事前予約’完売’

ベストバイで’事前販売’突入…2月、米国公式発売

サムスン電子’QLED8K’ TVが米国の事前予約で完売するなどヒットの兆しを見せている。サムスン電子はQLED8Kと超大型TVを掲げ、プレミアムTV市場の激戦地である米国でシェアを拡大するという構想だ。

17日、関連業界によると、米国最大手の流通会社ベストバイが、最近行ったQLED8Kの事前予約(Preorder)で全てのモデルが品切れになるほどの人気を集めた。

サムスン電子が発売したQLED8Kは65型(4999ドル)、75型(6999ドル)と82型(9999ドル)、85型(1万4999ドル)だ。サムスン電子は来月、米国市場に公式発売する予定だ。

ベストバイはサムスン電子の北米最大顧客に挙げられる。8日(現地時間)、米ラスベガスで開かれた’CES(国際電子製品博覧会)2019’でハーバート・ジョリー ベストバイCEOはサムスン電子の展示館を一番最初に訪れた’VIP客’だ。

同日、キム・ヒョンソク サムスン電子CE部門長とハン・ジョンヒ VD事業部長が、ジョリーCEOを直接迎え、別途の会議を開いたことから、米国でQLED8Kの供給が大きく増えるものとみられる。今回のCESで日本メーカーのSONY、TCLやChanghongなど中国メーカーも8K TVをブース全面に掲げたが、ベストバイでまだ販売していないだけに、サムスン電子がアメリカの8KTV市場を先取りする可能性が高い。

これと別途に、サムスン電子はベストバイで販売されている70型以上のプレミアムTVの半分以上を占めるほど超大型市場も先取りした状態だ。実際’最も多く売れたTVトップ10’のうち、サムスン電子は、QLED TVなど6つのモデルがランクインしており、ハイセンスなど中国製低価格ブランドの追撃を完全にかわした。

サムスン電子は今年上半期’マイクロ LED’ TVも発売する予定だ。ハン・ジョンヒVD事業部長はCES2019で「今年プレミアムTV戦略は、QLED8KとマイクロLED」と明らかにしている。

業界のある関係者は「昨年からサムスン電子は超大型、プレミアムキーワードで米国 TV市場を集中攻略している」、「まだ初期段階の70型以上8K市場が次第に大きくなる見通し」と話した。

Money Today
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=008&aid=0004161767


サムスン電子の経営環境悪化の話が多いので、良い話題を探したところ出てきました。

Best Buyで検索してみたら確かに”Sold Out”になっていました。

Best Buyにてサムスン電子OLED 8K TVの予約販売が”SOLD OUT”に

参考 サムスンが発表した世界初 “マイクロLEDテレビ” とは何か、どう凄いのか?Phile Web

コメントを残す