韓国、トヨタの次は日産に課徴金

インフィニティQ50’燃費水増し’日産に課徴金9億…検告発

公取委、日産本社もキャッシュカイ(QASHQAI)排出ガスの虚偽広告の疑いで検察告発

燃費を誇張して広告をしたとして日産が9億ウォンの課徴金処分とともに検察に告発された。

公正取引委員会は、車両の燃費を誇張して広告し大気環境保全法、ユーロ-6など排出ガス基準を遵守しているかのように表示したとして、韓国日産株式会社(以下韓国日産)と親会社である日産モーターズリミテッド・カンパニー(以下、日産本社)に是正命令や課徴金9億ウォンを賦課して、2つの法人を検察に告発することに決定したと16日明らかにした。

公取委によると、韓国日産は2014年2月〜11月の間、インフィニティQ50 2.2dの乗用車の燃費を1リットル当たり15.1kmだったように表示・広告した。しかし、インフィニティQ50の実際の燃費は14.6km/lで0.5km/l悪いことが明らかになった。

韓国日産は日産本社から受け取った試験成績書の燃費データを実際の14.6km/lから15.1km/lに操作して、関係省庁の承認を受けており、これをもとに車を広告したものと調査された。 インフィニティQ50モデルは2040台が販売されており、売上高は686億8527万ウォンに達した。

公取委は事実と異なる燃費を広告した行為に対し、「偽り・誇大性が認められる」、「消費者が直接燃費を測定して検証するのが不可能な中で、燃費・誇張広告行為は消費者の合理的な購買選択を歪曲して取引秩序を害する恐れがある」と指摘した。

韓国日産と日産本社はまた、2015年11月から2016年6月までキャシュカイディーゼル乗用車を販売し、排出ガス基準を満たしていないにもかかわらず車両装着のスティッカーとインターネットホームページを通じて、車両が大気環境保全法とユーロ-6の基準を満たすように広告した容疑も受けている。

2016年5月に発表された環境部の随時検査の結果によると、キャシュカイは一般走行でよく現れる条件である吸気温度35度以上の場合に排出ガス再循環装置の作動が中断する任意設定が適用されていたことが分かった。

任意設定とは、一般的な運転や使用条件で排出ガス試験モードとは異なり、排出ガス関連部品の機能が低下するように部品の機能停止または遅延させて、変造する行為などをいう。

キャシュカイは室外道路走行試験で窒素酸化物の排出量が1.67g/kmで大気環境保全法上、室内の認証基準である0.08g/kmの20.8倍に達したことが分かった。

一方、これに先立ち、2017年3月には、燃費の操作と関連して産業通商資源部は韓国日産に過怠料500万ウォンを賦課しており、試験成績書変造行為について国土交通部も、検察に告発して現在、関連刑事訴訟が進行中である。

国立環境科学院は、排出ガス虚偽広告について日産・キャシュカイの排出ガス認証を取り消して、環境部は、課徴金3億3000万ウォンと販売停止や欠陥是正命令を下した経緯がある。

公取委の関係者は「燃費誇張表示・広告行為や排出ガス基準を満たすこと表示・広告行為と関連して韓国日産にそれぞれ6億8600万ウォンと2億1400万ウォンの課徴金を賦課した」、「日産本社も共同責任を考慮して課徴金2億1400万ウォンについて連帯して賦課した」と明らかにした。

公取委はまた、燃費誇張表示・広告行為と関連して韓国日産を検察に告発して日産本社も環境基準を満たすこと表示・広告行為と関連して、検察へ告発措置した。

news1
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=421&aid=0003788499

 

コメントを残す