韓国ゲーム業界、中国の下請業者に転落か?

ゲーム市場の恐竜テンセント…”韓国、中国の下請業者への転落を憂慮”

  • 中国企業テンセント、ネクソン買収の有力候補に
  • ネットマーブル-クラフトン-カカオゲームズなどに1兆ウォン投資…経営にも影響力
  • 海外のゲーム会社購入し、自国の売上を上げ…韓国の人材流出と開発力低下懸念

中国のIT企業・テンセントが大手ゲーム会社ネクソン(NEXON)の有力買収候補者として浮上している。テンセントはすでに約1兆ウォンを韓国ゲーム業界に投資し、韓国ゲーム業界への影響力を高めてきた。韓国ゲーム業界1位会社のネクソンが中国企業に買収されれば、韓国ゲーム産業技術や人材流出が起こるという懸念が出ている

6日、ゲーム業界によると、キム・ジョンジュNXC(ネクソンの持株会社)代表は、最近、公式意見文を通じて、ネクソンの’売却説’を事実上認めた。キム代表は「ネクソンをさらに競争力のある会社にするため、様々な方策を熟考している」として「株式を売却しない」という言葉はなかった。これについてゲーム業界の関係者は「事実上売却の事実を認めたものとみられる」、「近いうちに売却手続きが具体化するものとみられる」と解釈した。

実際の売却が進めば、買収の可能性が高い第1位候補としてテンセントが挙げられる。ネクソンとその持株会社であるNXCの売却費用は10兆ウォンに上る’メガビッグディール’だからだ。国内ではモバイルゲームのトップ会社であるネットマーブルと最近コンテンツ事業を強化しているカカオゲームズ程度が候補に挙げられているが、巨額の売却費用を負担するかは不透明だ。韓国コンテンツ振興院が発刊(2017年12月)した’2017年大韓民国ゲーム白書’には2016年国内ゲーム市場の規模が10兆8945億ウォンとして紹介された。ネクソンの売却代金は国内ゲーム市場全体に匹敵するほど大きかったのだ。

一方、テンセントは2016年’クラッシュ・オブ・クラン’で有名なフィンランドのモバイルゲーム開発会社スーパーセルを10兆ウォンで買収した。ネクソンのゲーム’ダンジョンアンドファイター’を中国に流通させ、ネクソンと数年間、協力関係を結んできた縁もある。イ・ムンジョン新韓金融投資研究員は「昨年、中国政府のゲーム規制で成長が遅れたテンセントとしてはネクソンの買収で新成長動力を探すことができる」、「ネクソンが保有した様々なゲーム知的財産権(IP)も魅力の1つ」と話した。

国内ゲーム業界では、中国資本の掌握力が拡大していることに対する警戒の声が出ている。テンセントはこれに先立ち、2014年当時、国内ゲーム業界では異例的に5000億ウォンを投資してネットマーブルの持分(3大株主)を買い入れた。さらに、’PUBG’で有名なクレプトン(旧ブルーホール)、カカオゲームズ、4:33など国内の代表的なゲーム会社の株式を買い上げ、計1兆ウォンを投資した。

テンセントは投資と同時に各社取締役会に役員を登記させ、経営権にも徐々に手をつけている。クラフトンの関係者は「昨年11月の臨時株主総会で、テンセント側の関係者が役員として登記された」と明らかにした。

ゲーム業界はネクソンが中国に渡れば、韓国は中国のゲーム産業のための下請基地に転落しかねないと懸念している。あるゲーム会社の関係者は「テンセントは主に海外ゲーム開発会社を購入して自国(中国)市場で売上を引き上げる」、「今後、韓国独自のゲーム開発能力は落ちてゲーム人材流出が起こるのは明白」と指摘した。

ウィ・ジョンヒョン中央大学教授(韓国ゲーム学会会長)は「テンセントはネクソンのゲーム’ダンジョンアンドファイター’を中国に流通させるのに毎年1兆ウォン近く使っているため、このような費用を減らし、ネクソンを通じて韓国と日本にゲームサービスを安定的に運営できるという点に大きな魅力を持っているようだ」と話した。

東亜日報
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=263&oid=020&aid=0003191479


テンセントは、ゲーム会社であると同時に、QQやWeChatなどのチャットアプリを提供している会社です。日本にある会社でいうならLINEと同じようなことをしている会社というイメージでしょうか。

昨年、中国政府のゲーム規制で成長が遅れたテンセントとしてはネクソンの買収で新成長動力を探すことができる

どんな規制かと思い調べてみたところ、年齢によって遊べる時間に制限を設けるという規制のようです。
参考 中国政府のゲーム規制強化の影響か? テンセントがすべてのゲームに「年齢認証システム」導入Real Sound

韓国でも似たような規制が存在したと思います…たしか、PCゲームの場合、夜の◯時になったら強制シャットダウンさせるとか、アプリでもこの規制が適用されているのかなどは不明ですが。

他にも、ガチャの規制もあったと思います。ガチャでしか儲けられないのは、日本のゲームも韓国のゲームも一緒です。

 

ゲーム業界はネクソンが中国に渡れば、韓国は中国のゲーム産業のための下請基地に転落しかねないと懸念している

すでになっているような気が・・・反対に、中国で開発されたゲームが韓国のアプリランキング上位に結構あるのも事実らしい。

 

記事内で紹介されていた企業をご紹介
ネットマーブル【企業基本情報】 参考 krafton公式(Eng) 参考 kakaogames公式(Kor)kakaogames 参考 4:33公式(Eng)4:33

こちらのクリックをお願いいたします。

コメントを残す