大宇造船、悩みの種『ソナンゴル、ドリルシップ』引渡合意

  • 発注社側のソナンゴルに来年初めに引き渡すことで合意
  • 1隻当たり5.3億ドル…9000億ウォン一時金として確保

大宇造船海洋が建造した1兆ウォン規模のソナンゴル、ドリルシップ(移動式原油の試錐船)2隻が受注から6年目にして、ようやく玉浦造船所を離れる。

大宇造船海洋はアンゴラの国営石油会社であるソナンゴル(Sonangol)が発注したドリルシップ2隻を来年初めすべて引き渡すことで船主側と最終合意したと26日明らかにした。

大宇造船海洋は2013年ソナンゴルからドリルシップ2隻を受注した。しかし、国際原油価格の下落などによって船主側が引渡代金調達に問題が発生し、引渡が遅延していた。そして、今年、原油価格が60ドルの大台を突破し、交渉が進展し、ついに引渡の日程が確定した。

合意によると、大宇造船海洋は来年1月末と3月末までに各1隻ずつ順次ドリルシップを引き渡す。最終確定契約価格は前受金を含めて1隻当たり約5億3000万ドル(約5969億ウォン)で、現在、市場価格を上回る金額だ。

大宇造船は、リスク管理時に減少価値をすべて会計処理を通じて事前に反映させた。そのため、今回契約確定による追加損失は発生しない。

むしろ損益が改善される効果とともに、大規模な流動性も確保できるようになった。来年にドリルシップ2隻を引き渡せば、一時金として約9000億ウォン相当の引渡代金を受け取ることになる。

特に、大宇造船海洋の不良債権化の主犯だったソナンゴルプロジェクトが円満に解決されたことによって早期経営正常化に青信号が灯るという評価が出ている。

また、今回一括妥結に向けた交渉と製品調査の過程で、船主側は、大宇造船海洋の設計と建造品質の完璧さを認めて、引渡と同時に品質保証義務を終了することで合意した。これとともに従来協議されていたドリルシップ引渡に向けた持分投資の件も無効となった。

大宇造船海洋の関係者は「合意を通じての引渡し後に発生しうる建造者側のリスクも完全になくなった」、「現在、建造中のドリルシップ6隻に対する引渡の日程もすべて確定した」と話した。

参照元:newsis
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=003&aid=0008979873


大宇造船海洋のソナンゴルへのドリルシップ引渡し問題は2年以上前から続いていた問題でやっと解決したというニュースです。

ただ、

そして今年、原油価格が60ドルの大台を突破し、交渉が進展し、ついにインドの日程が確定された。

とありますが、下のチャートのように原油価格が暴落してしまったので、本当に引渡しができるのかは終わるまでわかりません。ドリルシップ引渡しが揉めていたのが2015年〜2016年あたりなので、その頃とほぼ同じ原油価格になっています。

大宇造船海洋玉浦造船所の場所もご紹介

競合企業のサムスン重工業の造船所も同じ島内にあるなど造船の島として有名

コメントを残す