韓国造船、年末に粘りを見せる

現代尾浦造船、中型石油化学製品運搬船6隻受注…1.9億ドル規模

現代尾浦造船が中型石油化学製品運搬船6隻を受注した。

現代尾浦造船は海外海運会社と約1億9000万ドル規模の2万5000トン級石油化学製品運搬船6隻の建造契約を締結したと24日明らかにした。

この船舶は2019年下半期から建造に入り、2021年1月末までに順次、引き渡される予定だ。

今回受注した石油化学製品運搬船は、長さ169m、幅25.7m、高さ15.6mの規模で、独自に開発した高圧用窒素酸化物低減装置(HP-SCR)を適用して、次第に強化される国際環境規制にも対応することができる。

これで、現代重工業グループ今回の契約を含め、現在まで造船部門で計161隻、137億ドルの受注実績を記録し、今年の受注目標である132億ドルを達成した。

船種別に見ると、カス船40隻(LNG船25隻、LPG船15隻)をはじめ、タンカー64隻、コンテナ船50隻、バルク船4隻、護衛艦2隻、カーフェリー1隻などである。

デイリーアン
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=119&aid=0002301676


サムスン重工業、LNG運搬船2隻受注…目標値74%達成

サムスン重工業は、北米地域の船主から4258億ウォン規模のLNG運搬船2隻を受注したと24日明らかにした。契約期間は今月21日から2021年8月15日までだ。

サムスン重工業は、今回の契約で今年総48隻、61億ドルの受注実績を記録した。これは昨年、造船部門の受注額31億ドルの2倍に近い実績だ。

船種別では LNG運搬船17隻、コンテナ船13隻、タンカーおよびシャトルタンカー15隻、特殊船3隻で、今年の受注目標82億ドルのうち74%を達成した。

デイリーアン
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=119&aid=0002301687


韓国のマスコミは、造船大手3社のことを”BIG3″と読んでいます。

造船BIG3

世界3位に今治造船が入るのですが、大宇造船海洋と順位が入れ替わっている可能性もあります。各社の基本情報がリンク先ページにあります。

今年のBIG3各社の造船部門の目標と実績をまとめました。

 現代重工業大宇造船海洋サムスン重工業
受注目標132USD73億USD82億USD
受注額137億USD65.8億USD61億USD
達成率103.7%90.1%74.3%
受注隻数161隻45隻48隻

現代重工業だけが目標達成しています。ただ、「現代」という名前がついている会社のお約束として、労使間がうまくいっておらず揉めています。というより韓国は労使間の揉め事が多すぎw

コメントを残す