サムスンSDI、欧州で電気車バッテリー「大当たり」…1兆KRW受注

サムスンSDIが欧州で大型電気自動車用リチウムイオンバッテリーの受注契約を目前に控えている。スマートフォンや半導体に続き、バッテリーがサムスンだけでなく、韓国産業全体でも主力成長エンジンとなって徐々に浮上しそうな雰囲気だ。

25日、外信と業界によると、サムスンSDIは今月初め、ドイツに本社を置く多国籍向けバッテリーシステムの供給企業であるBMZグループと電気自動車用バッテリー協力パートナーシップを結び、実務交渉を進めていることが分かった。

現地海外メディアの報道によればBMZは、今後5年間、サムスンSDIから約10億ドル(約1兆1260億ウォン)規模のバッテリーを注文したという。このことについて、サムスンSDI側は「BMZとは以前から協力関係を続けている」、「現在、協議中で、まだ契約規模は確定していない」と回答した。

BMZは、主要欧州自動車メーカーを相手に来年電気自動車用バッテリーシステムの生産量を2倍に増やす計画であることが伝えられた。同社は2020年まで1億3000万ユーロ(約1670億ウォン)を投資し、年間4GWh規模のバッテリーセル生産ラインを建設している。

これと関連して、サムスンSDIは先月末 BMW、BASFなどとともにコンゴ民主共和国でバッテリーの主要素材の一つであるコバルト鉱山開発プロジェクトに参加するなど欧州企業と継続的な協力をしている。さらに、中国では約1兆7000億ウォンを投資して2つ目の電気自動車用バッテリー工場を設立を検討中であり、米国では700億ウォンを投資してバッテリーパックの工場増設の作業を行っている。

証券業界でもサムスンSDIのこのような電気自動車バッテリー事業の成長に注目している。サムスン証券のジャン・チョンフン研究員は「電気自動車の成長と1台あたりのバッテリー容量増加のおかげで、サムスンSDIは、グローバルIT(情報技術)の成長鈍化に対する多くのノイズに影響を受けず、成長にダメージを受けない」と話した。

2016年9263億ウォンの営業赤字を記録したサムスンSDIは昨年1169億ウォンの営業利益を上げ黒字転換に成功し、今年の営業利益はなんと7500億ウォン前後に増えるものと証券業界は予想している。さらに、来年には1兆ウォン、2020年には1兆4000億ウォンをそれぞれ突破するものと期待している。

また、世界最大の電気車市場の中国で2020年以降に補助金政策を終了する予定であり、THAAD対立で閉まっていた中国の販路が開かれる可能性もサムスンSDIにとっては好材料だ。同社はTHAAD前まで安徽江淮汽車集団(JAC)、鄭州宇通客車、北汽福田汽車など完成車メーカーにバッテリーを供給したことがある。

今月初め、サムスンSDI本社でソン・ミカエル サムスンSDI専務(右)とブリスベン・バウアー BMZ代表が電気車用バッテリー協力パートナーシップを締結

デジタルタイムズ
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=029&aid=0002499767


日本語で同じニュースが流れているか調べるようにしているのですが、この内容についてはすでにニュースが流れていました。

参考 BMZ Samsung SDI から10億ドルのバッテリーセルを調達リチウムイオン電池ニュースまとめ

ものすごいマニアックなニュースサイトです。

サムスンSDIのwikipedia(日本語)を読むと

2009年現在サムスンSDIは世界最大の有機EL製造企業である。

という記載があるのですが、今はリチウムイオン電池の会社という認識だと思います。以前、Galaxyが燃えてしまう事件がありましたが、その電池の大半を製造していたのはサムスンSDIだったはず。

企業情報詳細はこちら。ものすごいV字回復っぷりですw
サムスンSDI【企業基本情報】

株価も黒字転換が見えてきた途端に急激に値上がりしています。(チャートはクリックしたら拡大します!)

 

なお、サイトで記事を紹介する前に、念のために記事で企業名が掲載されている会社については実在しているかどうか、名称が正しいかどうかをチェックするようにしています。

参考 BMZ公式サイト(英語)BMZ 参考 BASF公式サイト(日本語)BASF

コメントを残す